この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

楽に今日の日付を入力したい。
それなら、ショートカットキーやエクセル関数があります。

 

ショートカットキーは

  • 日付:Ctrl+「;」
  • 時刻:Ctrl+「:」

 

エクセル関数は、

  • 日付   :TODAY()
  • 日付と時刻:NOW()

これで現在日付もサクッと入れられます。

スポンサーリンク

ショートカットキーで今日の日付や時刻を入力する

「2019~」のように日付をタイピングしなくても、ショートカットキーを使い自動で入力することが出来ます。

セルに今日の日付や時刻を入れる

まずはセルに今日の日付を入れてみましょう。

 

使うショートカットキーは、
Ctrl+「;」です。

 

本日の日付、2019/09/28 が入力されました。

 

日付と同じく、時刻にもショートカットキーがあります。
時刻のショートカットキーは、Ctrl+「:」です。

 

入力したときの時刻、10:07が表示されました。

メモにショートカットキーを使って入れてみる

実は、メモにもショートカットキーで今日の日付を入力できます。

 

Excel2013などバージョンによっては、コメントと表示されていたりします。
右クリック→コメントなどで入れられるヤツですね。

 

Ctrl+「;」で今日の日付2019/09/28が入りました。

 

同じようにして、Ctrl+「:」をやってみると。。。

 

時刻も入りました。

 

このショートカットキーも万能ではなくて、テキストボックスや吹き出しなどの図形には使えません。
使えたらちょっと嬉しいんですけどね。

エクセル関数を使って今日の日付や時刻を表示する

英語がそのままエクセル関数になっています。

 

「今日」「今」って、言わずと知れた英単語、today、nowですよね。
関数もそのままです。

TODAY関数を使う

今日は英語でtodayということで、現在日付を出すには、
=TODAY() です。

 

関数を入力して、Enter。

 

本日の日付が入りました。

年月日の表示や、和暦に切り替える

デフォルトでは「/」で年月日が区切られています。

 

日本らしく「〇年〇月〇日」と表示したり、和暦にすることもできます。
変更するには、右クリックで「セルの書式設定」から。

 

分類を「日付」にして、種類のところで表示したい形式にします。

 

種類の少し下のカレンダーを和暦にすれば、令和の表示にもなります。

NOW関数を使う

もう1つの現在日付を入れられる関数。
NOW()です。

 

=NOW()と入力しEnterキーを押すと、こちらも今日の日付が入りました。

時刻も表示する

NOW関数は時刻の情報も扱えます。

 

セルの書式設定の表示形式で、日付だけ、時刻だけ、日付と時刻など任意の表記に変更できます。

 

時刻も入りました。

スポンサーリンク

まとめ:今日の日付を入れる、TODAY()、NOW()、Ctrl+「;」

単純に現在日付を入れるだけなら、ショートカットキーCtrl+「;」で十分です。

 

エクセルを開いたタイミングで今日の日付にしたいなら、エクセル関数を使ったほうがいいでしょう。

 

日付だけならTODAY関数。
時刻の情報も持たせたいなら、NOW関数です。

 

セルの書式設定から表示形式を変更することで、西暦や和暦、スラッシュ「/」の区切りから「〇年〇月〇日」の区切りに変更など、任意に変更できます。

 

記事を書いていて、今日の日付といっても、意外と奥が深いと感じました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。