この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

エクセル上のデータを並べ替えたいときってありますよね。

 

しかも、複数の列をソート条件に指定して。

 

恥ずかしながら少し前まで、このやり方を知りませんでした。
とても便利なので紹介します。

 

スポンサーリンク

複数条件でソートする方法

今回も、気象庁の気象データを使って説明します。

Excel 複数条件でソート

「並べ替え」ダイアログを使ってソート

複数列をソートの条件に指定して並べ替える方法はこれです。

 

「ホーム」タブの「並べ替えとフィルター」から、「ユーザー設定の並べ替え」を選択。

Excel 複数条件でソート

 

「並べ替え」ダイアログが表示されます。

 

データタブからでもイケます。

Excel 複数条件でソート

 

こんなときエラーになる

エラーになるのはこんな時です。

 

表の外にあるセルを選択して「並べ替え」ダイアログを出そうとするとエラーになります。

Excel 複数条件でソートでエラー

 

表の中にあるセルを1つ選択して「並べ替え」ダイアログを出せば、表を全選択してくれます。

 

ところが、セルの結合でヘッダの高さなどそろっていないので、並べ替えようとするとエラーに・・・。

Excel 複数条件でソートでエラー

データ部を選択してから「並べ替え」ダイアログを表示

ヘッダ部を除いて、データ部だけ選択してダイアログを表示すれば、問題なくソートできるようになります。

 

Excel 複数条件でソート

複数列をソートの条件に追加

 

  1. 列G:小さい順
  2. 列H:小さい順
  3. 列D:昇順

の優先順位でソートしてみます。

 

Excel 複数条件でソート

 

条件を追加するには、「レベルの追加」ボタンを押して、ソートする列を指定します。

 

「順序」で昇順や降順などが選択できます。

Excel 複数条件でソート

 

今回は列Hの値が一意になっていて、列Dを指定しなくてもソート順は決まっちゃうんですが、とりあえず「いっぱい条件を指定できます」と伝えるため設定しますw

Excel 複数条件でソート

 

列G小さい順、列H小さい順のソート順でソートされました。

Excel 複数条件でソート

 

やっぱり元のソート順に戻したい時がある

いろいろソートしてみた後で、やっぱ戻したい!!
ってなることありますよね。

 

あらかじめ、戻すための連番を振っておくと、簡単に元通りにできます。

Excel 複数条件でソート

 

戻す用の列をキーに昇順でソートします。

Excel 複数条件でソート、元に戻す

無事元通りに戻せました。

Excel 複数条件でソート、元に戻す

ソートする他の方法、フィルタを使う

フィルタ機能に付いているソートで並べ替えることも出来ます。

 

並べ替えとフィルターのところにもありますが、対象のセルを選択してショートカットキーですぐに使えます。

 

  • ショートカットキー:Ctrl + Shift + L
  • 昇順:小さい順
  • 昇順:大きい順

Excel フィルタでソート

 

ヘッダの行がそろっていないと使えない

注意したいのが、フィルタの場合はデータ部だけ選択して絞り込むとかソートとか出来ないことです。

 

なのでヘッダも選択してフィルタ機能を使うわけです。

 

でも、下図のように項目によってヘッダの行や幅がずれていると、正しくソートできません。

Excel フィルタでソート

 

セルの結合を解除して、フィルタ用のヘッダを用意します。

Excel フィルタでソート

 

8行目にヘッダ項目の値を入れます。
見栄えもあるので、背景と同じ文字色にしました。

Excel フィルタでソート

 

8行目にフィルタを付けることが出来ました。

 

フィルタする値に、ヘッダ項目の文字が入ってしまうことも無いですね。

 

列Hでソートしてみます。

Excel フィルタでソート

 

列Hをキーに、降順でソート出来ました。

Excel フィルタでソート

スポンサーリンク

まとめ:複数条件でソートする方法

Excelデータを複数条件でソートする方法でした。

 

  • 表上のセルを選択して「並べ替え」ダイアログ表示
  • ヘッダがそろっていなければ、データ部だけ選択して「並べ替え」ダイアログ表示
  • 1項目ならフィルタでソートも出来る

 

以前フィルタ機能で複数列を頑張ってソートしようとしたこともあります。

 

気合で出来なくはないですが、ミスって意図したソートが出来ないことも・・・。

 

「並べ替え」ダイアログはホントに助かります。
ぜひ使ってみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。