この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

エクセルの条件付き書式で土日だけ色付け

 

エクセルで土日だけ色を付けたいってことありますよね。

 

  • スケジュール表を作る
  • 自分の勤怠を記録する
  • 開発のWBSを引く

などなど。

 

そんな時は条件付き書式を使えば、一瞬で簡単に出来ちゃいます。

 

「『条件付き書式』??なんか難しそう・・・(´・ω・`)」
なんて、思っていませんか!?

 

1度やってみると分かりますが、実はものすごく簡単な操作だけ。
今から図を使って手順を解説していきます。

 

行全体に色を付けたい場合は、こちらの記事をご覧ください。

 

スポンサーリンク

特定のセルに色を付けたい、「条件付き書式」の使い方

今回は日付が横方向に並んでいる表に、土日の列だけ色を付けたいと思います。

 

まずは対象の範囲をすべて選択。

 

続いて「ホーム」タブの条件付き書式から、新しいルールを選択します。

 

エクセルの条件付き書式で土日だけ色付け

 

日曜日の列に色を付けてみる

新しい書式ルールに、日曜日の列だけ色が付く設定を入れていきます。

 

WEEKDAY関数

ここでポイントになるのがWEEKDAY関数です。
使う目的は、曜日の判定のため。

 

=WEEKDAY(日付, 種類)
と入力して、出てくる値が戻り値です。

 

2つ目の引数の種類に2を入れた場合、戻り値は次のようになります。

日付 曜日 WEEKDAY関数 戻り値
2018/09/24 月曜日 WEEKDAY(日付, 2) 1
2018/09/25 火曜日 WEEKDAY(日付, 2) 2
2018/09/26 水曜日 WEEKDAY(日付, 2) 3
2018/09/27 木曜日 WEEKDAY(日付, 2) 4
2018/09/28 金曜日 WEEKDAY(日付, 2) 5
2018/09/29 土曜日 WEEKDAY(日付, 2) 6
2018/09/30 日曜日 WEEKDAY(日付, 2) 7

 

種類が2の場合、月曜日始まりで戻り値が1から7まで変化することが分かりました。

 

土日をまとめて同じ色に設定したいなら、上の表を参考に、

=WEEKDAY(日付, 2)>5

と書けます。

 

土日の色を分けたかったらどうすれば良いでしょうか。

土曜日は、=WEEKDAY(日付, 2)=6

日曜日は、=WEEKDAY(日付, 2)=7

 

のように別々に指定するだけです。

 

このWEEKDAY関数を条件付き書式に入れていきます。

 

今回は、列に色を付けたいので、セルの指定を「K$4」としています。
何行目になっても、元にする日付は常に4行目のものなので、「$4」で4行目固定にしたいから。

 

縦方向に日付が並んでいる場合なら、列固定で「$K4」のような書き方になります。

エクセルの条件付き書式で土日だけ色付け

 

日曜日の色を付ける

文字じゃなくて、セルに色を付けたいので「塗りつぶし」から色を選択します。

 

 

 

早速、日曜日の列に色が入りました。

 

土曜日にも色を付けてみる

同じように土曜日にも色を付けていきます。

 

さて、どこから開くのでしょうか??
もう覚えている方もいらっしゃると思います。

 

❶、❷でやったように、条件付き書式の新しいルールですね。

 

今回は土曜日の色を設定したいので、WEEKDAY関数は、
=WEEKDAY(日付, 1)=7

エクセルの条件付き書式で土日だけ色付け

 

色も土曜日っぽい薄い青にしました。

エクセルの条件付き書式で土日だけ色付け

 

もう土日の色が入りました。

 

やり方さえ分かれば、あっという間に出来ちゃうんです!!

エクセルの条件付き書式で土日だけ色付け

 

作ったルールを確認、メンテナンス

作ったルールを確認したり、メンテしたいときは、条件付き書式から、ルールの管理を開きます。

 

 

数式ミスってた、やっぱ色を変えたい、
そんなときも簡単に変更出来ちゃいます。

 

ルールを適用させる範囲は、「適用先」のところを編集すれば大丈夫です。

 

スポンサーリンク

まとめ:エクセルで土日だけ色を付ける、条件付き書式の使い方

条件付き書式を使って、スケジュールの中から土日の色だけ変更する方法を紹介しました。

 

おさらいです。
やることは、たったこれだけ。

  • 書式の適用範囲を全選択
  • 「ホーム」タブ ⇒ 「条件付き書式」 ⇒ 「新しいルール」でルール追加
  • WEEKDAY関数を使う
  • 列に色を付けたいなら行を固定(例;K$4)
  • 行に色を付けたいなら列を固定(例;$K4)
  • 「ホーム」タブ ⇒ 「条件付き書式」 ⇒ 「ルールの管理」でルール編集

 

やってみると意外と簡単な条件付き書式です。
使いこなせばとても便利な機能なので、ぜひ身に着けていってくださいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。