この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

シート数が2桁超えてるエクセル、開きたいシートを探すだけで消耗しますよね。

 

そんな時に便利なのが、ハイパーリンクという機能です。
クリックするだけで、移動したいシートへジャンプできちゃうわけです。

 

URLなら貼り付けるだけで簡単にリンクになるんですが、エクセル内で移動するなら貼り付けるだけでは出来ません。

ハイパーリンク_シート移動

 

でもハイパーリンクの設定方法は意外と簡単、大丈夫です!

 

数回クリックするだけで出来てしまうので、ぜひ覚えていってくださいね。

スポンサーリンク

Excelにハイパーリンクを設定する方法

2018年の架空の勤務表を用意しました。

 

このエクセルブックを例に、ハイパーリンクの設定をしながら説明したいと思います。

ハイパーリンク_シート移動の設定

 

目次ということで、先頭に「Index」シートを設けました。

 

C4セルを2018年1月用のシートへ移動するように設定します。
設定したいセル上で右クリックから「リンク」を選択するか、ショートカット「Ctrl + K」を使います。

ハイパーリンク_シート移動の設定

 

リンク先が4つありますが、「このドキュメント内」を選択。
すると、ブック内のシート名を選択できるようになります。

 

シートを選んだら「OK」ボタンです。

ハイパーリンク_シート移動の設定

 

はい!
もうハイパーリンクを設定できました!!

ハイパーリンク_シート移動の設定

 

1つ設定するのは、たったこれだけなんです。

 

12ヵ月分シートがあるので、2月以降のリンクも作ります。

 

セルの右下にマウスポインタを持っていき、「+」マークになっている状態でダブルクリック。
もしも左右どちらのセルにも値が入っていなければ、ダブルクリックで入力出来ないので、その時はドラッグします。

 

ハイパーリンク_シート移動の設定

 

ハイパーリンクを編集

1月のリンクが12月までコピペされている状態なので、どのリンクも1月のシートにしか移動しません。

 

2月のところから、ハイパーリンクを編集をします。

 

右クリックから、「ハイパーリンクの編集」でもいいし、「Ctrl + K」でも編集画面が表示されます。
お好きなほうでどうぞ。

ハイパーリンク_シート移動の設定

 

既に「このドキュメント内」は選択されています。
移動させたいシート名を選んで「OK」です。

ハイパーリンク_シート移動の設定

 

3月以降も同様にやれば編集完了です。

移動先のセルも指定

先ほどまではA1セルに飛ばしまくっていました。

 

8月はB36セルに特記事項を記入してみたので、このセルに移動できるよう設定したいと思います。

ハイパーリンク_シート移動の設定

 

先ほどまでと同様に、「Ctrl + K」などで「ハイパーリンクの編集」の画面を開きます。
※まだ何も設定されていない場合「ハイパーリンクの挿入」

ハイパーリンク_シート移動の設定

 

いままで「A1」と入れていたところ、ここに移動先のセル「B36」を入力します。

ハイパーリンク_シート移動の設定

 

これで、目次のシート「Index」から任意のシートへ、クリック1つで移動出来るようになりました。

ハイパーリンクの削除

場合によっては、意図せずハイパーリンクの書式になってしまったセルを、元に戻したいこともあるでしょう。

 

そんな時は右クリックから「ハイパーリンクの削除」を選択することで削除できます。

 

「ハイパーリンクの編集」画面から、「リンクの解除」ボタンを押して削除することも出来ます。

スポンサーリンク

まとめ:ハイパーリンクを設定して任意のシートに移動する方法

ハイパーリンクを使って、任意のシートに移動する設定方法でした。

 

シートが大量にあるエクセルを開いた時、目次のシートが用意されているとホントに助かります。
おもてなしの心ですね~。

 

お客様に納品する資料なら、設定しておくと喜ばれるかもしれません。
ハイパーリンク、ぜひ活用してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。