初心者は知っておいた方がいい、WordPressでブログを始めるメリット、デメリット

WordPress

この記事を読むのに必要な時間は約 11 分です。

 

以前Seesaaブログを使っていたんですが、WordPressに乗り換えました。

 

本気でブログやるなら使えとか、記事をたくさん書くなら一番良いとかよく聞きます。
でも、WordPressを使わずに稼いでいる方が居るのも事実です。

 

わざわざWordPressを使う意味あるのかなー?って思っちゃいますよね。

 

なので、今日はメリット・デメリットを書いてみます。

 

無料ブログじゃなくてWordPressを使うメリット

 

  • 広告を全部自分で決められる
  • 豊富なテンプレートから自分の記事に合ったデザインを選べる
  • 自由度が高くて個性を出しやすい
  • 勝手に記事を消される心配がない

 

広告を全部自分で決められる

自分が借りたサーバーのブログなので、広告を入れるのも入れないのも自分の思い通りにできます。

 

無料のレンタルサーバーは例外ですが、自分のWordPressのブログには自分が入れたい広告だけ入れられて、勝手に広告を入れられてしまうことがありません。
ブログの広告から発生したかもしれない収益が、ブログの運営会社に持っていかれることが無くなるわけです。

 

無料ブログだとアドセンスの効果が出やすい位置に勝手に企業の広告を貼られていたりしますが、WordPressなら自分のアドセンスを貼ることができます。

 

豊富なテーマから自分の記事に合ったデザインを選べる

無料でもかっこいいテーマがいくつもあります。
有料のテーマも含めると、選べる量が非常に多いです。
自由度が高くて自分独自のブログを作ることが出来ます。

 

もちろんソースコードを編集してカスタマイズするには知識が必要ですが、テーマを変更してプラグインを追加していく程度なら、無料ブログの操作の難易度と大して変わりません。

 

キレイなデザインのテーマを使えば、デザインの変更などは後回しにしてもステキなデザインのブログを公開できます。

 

なので、最初から記事の投稿というブログで稼ぐために一番必要なことに集中できます。

 

自由度が非常に高くて個性を出しやすい

テーマが豊富にあって、カスタマイズも自由に出来るので自分独自のサイトを作ることができます。

 

とはいえ、WordPressのカスタマイズは分厚い本が毎年何冊も出版されるほど奥が深いです。
入門編から上級者向けまで様々です。カスタマイズを始めたらキリがないくらい、どこまでも個性的なブログにすることができます。

 

ここで注意したいのは、ソースコードをいじってカスタマイズするのは記事をたくさん投稿した後で行うこと。

 

カスタマイズに試行錯誤を繰り返しても、最初からアクセスには結び付きません。
デザインをいじっている間に、何本記事を書けることか。

 

ある程度アクセスが集まるほど記事を書いてからカスタマイズすれば、他のブログとの差別化がしやすくなり個性を出しやすくなります。
なので、まずはとにかく記事を書くことに集中です。

 

無料でもステキなデザインのテーマがありますが、余裕があればパッと見て好印象を持ちやすい、かつ内部SEOにも力を入れている有料テーマを使うと、デザインにかける労力を最小限にとどめられます。

 

おススメの有料テーマ

 

 

JIN

JINはデザインがとてもキレイで使いやすいWordPressテーマです。

 

以前はてなブログの有料版で月100万稼いでいた@hitodeblogのヒトデさんも、WordPressに乗り換えたいと話されていました。
そして1か月もしないうちに気づけばJINで作ったWordPressのサイトに替わっていました。

 

SEOにも強いし、デザインも簡単にイイ感じに出来る、初心者におススメのテーマです。

 

賢威

私も使っている賢威はこの中で一番高いですが、サポートが充実しています。
SEOのことやWordPressの初期設定やカスタマイズのことなど購入者限定のサポートフォーラムで質問できます。

 

まわりに質問出来る人がいないとなれば、とても便利なテーマの1つです。

 

おススメの無料テーマ

とはいえ、稼いでいないのにそんなにお金をかけれない!
と言いたくなる方も少なくないはずです。私が使った中でこれは良かったと感じた無料のテーマはSTINGERシリーズです。
現在はSTINGER8まで出ているんですね。

ブログ向けのシンプルでカッコいいテーマSTINGER8

 

勝手に記事を消される心配がない

無料ブログの場合、記事の内容によってはブログの運営会社から勝手に消されることもあります。ブログ会社によっては、広告を貼るとアカウントごと消されてしまうことさえあります。

 

でもWordPressなら、著作権や倫理的な点など法律を守った記事であれば自分が書きたい文章の記事にできますし、時間をかけて頑張って書いた記事を勝手に消される心配もありません。

 

WordPressのデメリットも知っておく

当然ですが、WordPressにもデメリットがあります。
知らずにサーバーを借りてブログを始めるより、デメリットもちゃんと分かった上でスタートです。

 

ググって自分で調べて自分で解決しないといけない

WordPressを始めるとき、パーマリンク最低限設定しておくことがあります。

 

パーマリンクの設定を間違えると記事が見えなくなってしまうこともあります。
WordPress関連の記事は大量にあるので、解決策が載っているサイトもどこかにありますが、自分で見つけ出して解決しないといけません。

 

WordPressの最初のハードルとも言えますが、「WordPress パーマリンク」のように検索すればやり方をすぐ見つけられると思います。

 

ドメイン、サーバー代が有料

WordPressを使うなら独自ドメインと、インストール可能なレンタルサーバーが必要です。

 

ドメイン代は年間1000円前後、サーバー代は毎月500円から1000円ほどかかります。
ブログを始めてすぐに稼げるようになる人はほとんどいません。
下手したら無駄な投資になるかもしれません。

 

とはいえ、自分でお店を出したり商品を仕入れて販売するような初期投資数十万、数百万円のビジネスと較べれば、非常に安く手軽に始めることができます。

 

お金をあまりかけずに始められるのはメリットでもありますが、本気のスイッチが入りづらいというデメリットでもあります。

 

契約更新など自分でやらないといけない

自分で独自ドメインを取ってレンタルサーバーを借りて始めるので、契約更新も自分で行うことになります。

 

ドメインやサーバーの契約を更新しなかったらサイトは消滅。
書いた記事も無駄になってしまいます。

 

ウッカリ更新を忘れ、大事な資産を無くさないよう管理することが大切です。

 

最初は全然アクセスが無い

WordPressでブログを始めても、最初はビックリするくらい全然アクセスがありません。

 

始めてから1か月でアクセス30件とか普通にあり得ます。
しかもほとんどが自分で記事を見たときのアクセスだったりもします。

 

しばらく全然アクセスがなくて、ここで挫折するする人も少なくありません。
アクセスが乏しいときに、いかにブログを継続できるかで稼げるようになるかどうかが決まります。

 

挫折なんてイヤだし、早くからアクセスを得たいですよね。
それにはTwitterを活用するのが効果的。

 

自分のブログに興味のありそうな人がフォロワーになっていけば、SNSからの流入も期待できます。

 

まとめ

ブログで稼ぎたいならWordPressが一番です。

 

メリットと同時にデメリットもあるので、対策を知っておいた方がいいですよという話でした。
特に、最初はアクセスを集めづらいことがホントに大変ですが、最終的にはとても稼げるツールです。

 

本気でブログをやりたいと思ったらぜひWordPressで始めてみてください。

 

レンタルサーバー選びに迷ったら、コチラの記事もどうぞ

無料ブログ卒業、本気でブログする人が選ぶWordPress専用サーバー

以前は私も無料ブログを使っていました。   Seesaaブログです。ブログでアフィリエイト出来ることを知ったんですが、無料ブログの限界を感じるようになりました。   勝手に広告が入ったり […]

 

コメントを残す

ページの先頭へ