この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

気づけば各BeatSaber3つ全部買ってしまっていました。

 

無駄に買ってしまう人が増えないよう、記事に残したいと思います。

BeatSaberのSteam版を買うのはどんな人?

Steam版はPC上で動作させて、HMDで表示するものです。
GTX1060以上のグラボ、メモリ8GB以上あれば動くようです。

 

  • アバター込みでプレイ動画を撮りたい
  • カスタム曲を入れたい
  • Beat Saberをプレイしたい

そんな方には、Steam版がおすすめです。

 

購入時に入っている曲だけでは、すぐに飽きてしまうかもしれません。
YouTubeに公開されているカスタム曲のプレイ動画を見てしまえば、自分もやってみたいと思うはず。

 

そしてカスタム曲に手を出すんです。

 

その時やり方を見つけやすいのが、プレイ人口の多いSteam版!
情報がたくさん公開されていて、困ったとき解決しやすいです。

 

例えば、Steam版もアップデートされることが度々あり、フォルダ構成が変わってしまったり、対応するMODの存在するバージョンにダウングレード必須だったりと、手を加える場面が良くあります。
その時検索したら出てくるのは、ほとんどがSteam版。
Rift版の話はごくわずかで、ついでに書いてあるような感じです。

 

BeatSaberを遊びつくすなら、Steam版一択でしょう。

OculusRift版を買うのはどんな人?

Rift版もPC上で動作させて、HMDで表示するものです。
GTX1060以上のグラボ、メモリ8GB以上あれば動くようです。

 

持っているHDMはOculusRiftまたはRift Sだけで、アバター込みの3人称視点プレイ動画なんて撮らないし、カスタム曲も入れない方なら有りかもしれません。

 

プレイ人口が多く、動画を撮る情報などが豊富に公開されているのがSteam版です。
Rift版でも3人称視点の動画を撮れますが、設定方法を見つけるのに苦労するでしょう。
しかも、YouTubeにたくさん上がっている動画のようにアバターが動かず直立で、選び間違えたと思う方も少しいるようです。私のように。

Quest2版を買うのはどんな人?

Oculus Quest2上で動作するものです。
PC不要です。

 

  • PCにつながずプレーしたい
  • カスタム曲を入れたい(PC必須)
  • 3人称視点のアバター込みの動画なんて撮らない

 

そんな方には、Quest2版が良いでしょう。

 

Quest2でも動画は撮れますが、1人称視点のみ。
アバターも映る3人称視点なら、Steam版です。

スポンサーリンク

まとめ:ハイスペックPCがなければQuest2、あればSteam版もイイ

何をやりたいかで、変わってきます。

 

そこそこハイスペックなPCを持っていて、3人称視点の動画を撮りたいなら、Steam版。
撮らないなら、PCのスペック次第でSteam版とQuest2版どちらでも良いかと思います。

 

Rift/RiftSのものもありますが、それを買うくらいなら、よりプレイの幅を広げやすいSteam版がベストです。
Beat Saberを楽しむ人が1人でも増えてくれたら嬉しいですね!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。