この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

Oculus Quest2の開発者モードをオンにする手順です。

開発者モードをオンにするには

開発者団体を登録して、スマホから開発者モードの設定を変更します。

Facebookアカウントで開発者団体を登録する

まずは開発者団体の登録から。
次のOculusの開発者向けURLにアクセスします。

https://developer.oculus.com/

右上の登録ボタンをクリックです。

 

説明がいろいろ書いてあるので確認し、「Facebookアカウントで登録」をクリック。

 

各必要事項を入力していきます。
団体名に登録した名前が、アプリを公開するときストアで見えるようになります。
アプリを開発する可能性がなければ何でもよいと思います。

スマホ側で開発者モードの設定を変更する

すでにOculus Quest2とのペアリングが行われている前提で。

 

右下の設定をタップします。

 

開発者モードの設定はHMD毎なので、対象のHMDの「v」のところをタップします。

 

「・・・その他の設定」が現れました。
ここから設定変更です。

 

「開発者モード」をタップです。

 

オフの時はチェックが左側に付いています。

 

開発者モードをオンにしました。
チェックが右側に来て、青色の部分が見えるようになります。

スポンサーリンク

まとめ:開発者モードをオンにする

開発者団体を登録して、スマホから開発者モードの設定をオンにするだけです。

 

これでサイドクエストが導入可能になります。
プレーの幅が一気に広がるので、導入しない手はありません。
別の記事で手順を書こうと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。