この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

Oculus Quest2には、付属品がいろいろ出ています。

 

2020年11月下旬に本体を購入しようと思ったとき、こんな疑問がありました。

  • 本体だけ買ってもプレーできないの?
  • 何か付属品を買わないといけないの?

結論から言えば、インターネット接続可能なWi-Fiにつながる環境なら、本体だけで問題ありません。
しかし、買っておいてマジで良かったと思えるものがあるのも事実です。

スポンサーリンク

OculusQuest2を買ったら、最初から付いているもの

Oculus Quest2のセット内容としては、

  • VRヘッドセット
  • Touchコントローラー2機(左右1つずつ)
  • 単三電池2本(各コントローラー内)
  • 電源アダプター
  • 眼鏡スペーサー
  • 充電ケーブル

 

付属品を買わなくても、プレーすることはできます。

 

しかしOculus Quest2単体よりもPCとつなぐことで、出来ることの幅が格段に広がります。
PCを持っているならすぐに欲しくなるでしょう。

OculusQuest2に、あると便利な付属品

使ってみて良かったもの、早く買いたいものなど紹介します。

PCと接続するOculus LINKケーブル

今のところ、個人的に一番買ってよかったのがLINKケーブルです。

【OculusQuest2】有線、Wi-FiでPCと接続する方法

Oculus Quest2本体に保存されているデータをPCに転送したいとき

Oculus Quest2単体で、データを外に持ち出そうとするなら、いったんFacebookに投稿する必要があります。
めんどくさいですね・・・。

 

簡単なのは、LINKケーブルを挿してOculus LINKで繋ぎ、SideQuestを使って取り出す方法。
本体にキャプチャして保存した画像や動画をサクッとPCへコピーできちゃいます。

 

SideQuestの導入方法は、別途紹介します。

Oculus公式ページ以外からアプリを入手してインストールするとき

非公式アプリを入れるにも、SideQuestを使います。
そのためのLINKケーブルでもあります。

 

このおかげで、BeatSaberにカスタム曲を入れられるようになりました!
既存の曲数は20ちょっとと少なめです。

 

BeatSaberがホントに楽しくなってくるのは、お気に入りのカスタム曲を入れてから。
YouTubeにたくさん上がっているプレイ動画を見てしまえば、おのずとやってみたくなるに違いありません。

持ち運びたいとき、Quest 2携帯用ケース

便利そうなので、本体と一緒に買いました。
個人的に、今まで1度も出番がないのが携帯用ケースです。

 

記事を書くついでに試しに使ってみたところ、本体とコントローラーがキレイに収まりました。

もしも、QUEST 2 ELITEストラップに付け替えた場合でもちゃんと使えるのかどうか。
後日試したいと思います。

さらなる安定感を求めるなら、QUEST 2 ELITEストラップ

今一番欲しいのがQUEST 2 ELITEストラップです。

 

無くても不都合はあまり感じていませんが、BeatSaberをプレーするときの安定感が増すのだとか。
確かに、デフォルトで付いているストラップでは、前後の重量バランスがいまいちです。
人によっては、額や頬などに触れる部分の圧迫感がツライと感じるかもしれません。

 

UEST 2 ELITEストラップは、公式ページでは次のものが扱われています。

Oculusストア:Quest 2 Eliteストラップ

 

一応、Amazonなどでも他業者が新品や中古品を売っていますが、2021年1月6日確認した限りでは、11000円と遥かに高額です。
公式のストラップであれば、公式ページから買うのが良いでしょう。

 

他社製のストラップであれば、3000~5000円と少しお得です。
私は公式のストラップのレビューが良さそうに見えたのでこちらにしたいですが、何を選ぶのかはお好みですね。

 

ちなみに、「耐久性に難あり」のようなレビューが書かれているのは、初期ロットの不良品に当たってしまった一部の方のようです。
中古品でなければ、問題ないはずです。

スポンサーリンク

まとめ:付属品を買うのは、相性と使い方次第

PCと接続するなら、Oculus LINKケーブル。
さらなる安定感を求めるなら、QUEST 2 ELITEストラップ。
持ち運びたいとき、Quest 2携帯用ケース。

 

無くても困らないかもしれないけど、あったら便利なモノたちです。

 

とりあえず、もしもPCを持っている方ならOculus LINKケーブルでぜひ繋いてみて、プレーの幅を広げてみてほしいですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。