この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

セルに網掛けをしたい。
手順は次の通りです。

 

  1. 網掛けしたいセルの範囲を選択
  2. 右クリックなどからセルの書式設定を開く
  3. 「塗りつぶし」タブを開く
  4. パターンの種類から、任意の網掛けの種類を選択し「OK」ボタン押下
  5. セルの網掛け完了

 

この手順ですぐ網掛け出来ます。

 

もう1つのやり方は、条件付き書式から。
どちらも画像で詳しく解説します。

セルの背景を網掛けにするには?

網掛けは塗りつぶしの1つです。
セルの書式設定や条件付き書式から設定します。

セルの書式設定から網掛けにする

まずはセルの書式設定で網掛けにするやり方から。

 

対象の範囲を選択して、右クリックなどからセルの書式設定を開きます。

 

セルの書式設定が開きました。
「塗りつぶし」タブを選択します。

 

パターンの種類を変更します。

 

いろんな種類の網掛けのタイプが表示されました。
この中から選択します。

 

選択すると、サンプルが表示されます。
そして「OK」ボタンを押下です。

 

最初に選択していた範囲のセルに、網掛けが付きました。

条件付き書式から網掛けにする

次は条件付き書式から網掛けの設定です。

 

下図のD列が「削除」の行に網掛けを付けます。

 

表のデータ部分を範囲選択して、「条件付き書式」の「新しいルール」をクリックです。

 

「数式を使用して、書式設定するセルを決定」を選択。

 

「D列が”削除”の場合」という意味の数式を入れます。

数式:=$D3=”削除

 

数式を入れたら、「書式」ボタンを押下します。

 

セルの書式設定の画面が開きました。

 

「塗りつぶし」タブのパターンの種類を変更します。
「OK」ボタンを押下して、条件付き書式の画面に戻ります。

 

プレビューのところが網掛けになりました。
「OK」ボタンを押下すると、セルに条件付き書式が反映されます。

 

削除の行が網掛けになりました。

スポンサーリンク

まとめ:網掛けにするには、塗りつぶしのパターンの種類から

網掛けは塗りつぶしの1つですが、「ホーム」タブの塗りつぶしからは出来ません。
セルの書式設定等の「塗りつぶし」タブから行います。

 

セルの書式設定からと、条件付き書式から設定する方法を紹介しました。

 

「網掛けってどうやってやるんだっけ??」と思ったら参考にしてみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。