この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

 

エクセルのセルの中で文字を斜め方向にするには、次の操作手順で行います。

  1. 文字を斜めにしたい範囲を選択
  2. 右クリックから、セルの書式設定
  3. 「配置」タブで、文字の方向を『〇〇度』に変更し「OK」ボタン押下

今回も図で詳しく解説していきますね。

 

※例として使う表は、次のデータを加工し使用しています。
出典:国勢調査結果 男女別人口-全国,都道府県(大正9年~平成27年)(https://www.e-stat.go.jp/

 

もしも、文字じゃなくて線を斜めにしたいときは、こちらの記事にやり方を書いています。

【Excel】エクセルの斜線の入れ方と消し方

エクセルで斜めに文字を入れる手順

文字を斜めにするには、セルの書式設定から行います。

 

まずは、斜めにしたい範囲を選択します。
そして、右クリックからセルの書式設定です。

 

「配置」タブを選択します。

 

右上の「方向」の部分が、文字の角度を設定するところ。
これを傾けたい方向に設定します。
微調整が大変なら、数字で〇〇度と直接入力するほうが早いかもしれません。

 

列名のところの文字が60度傾き、斜めになりました。

斜めの文字を横方向に戻すには

斜めの文字を、まっすぐ横にしたい場合もありますよね。

 

その場合も、対象の範囲を選択して右クリック→セルの書式設定を開きます。

 

「配置」タブで、文字の方向を0度にして「OK」ボタンを押下です。

 

斜めになっていた文字も、これで水平に戻せます。

スポンサーリンク

まとめ:エクセルで、斜めに文字を入れる方法

セルの中の文字を斜めにするには、セルの書式設定を使います。

 

対象範囲を選択して右クリック、セルの書式設定の「配置」タブから、方向を『〇〇度』に設定するだけ。

 

あっという間に斜め文字の出来上がりです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。