この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

エクセルのセルに斜線を入れる方法は2つです。

 

1本、または「×」を入れる場合:

  1. 斜線を入れたいセルを右クリック
  2. 「セルの書式設定」を選択
  3. 「罫線」タブを開く
  4. 罫線の項目の、斜め「/」、「\」のボタン入れたいほうを押す、「×」なら両方

 

複数の斜線を入れる場合:

  1. 「挿入」タブの「図形」から、線を選択
  2. 斜めの線を入れたい本数だけ挿入する

 

今回も、それぞれ画像を使って解説します。

スポンサーリンク

エクセルのセルに斜めの線を入れる方法

セルの書式設定から入れるやり方と、図形の線を挿入するやり方があります。

1本、「×」の場合、セルの書式設定から

まずは、1本だけ斜線を入れる場合です。

 

斜線を入れたいセルを右クリック、「セルの書式設定」をクリックします。

 

罫線タブを開いて、線と色を選択します。
実線と、色は自動がデフォルトですね。

 

選択した線に問題なければ、斜線のボタンをクリックです。
今回の例では、右下に傾く「\」のボタンです。

 

プレビューの枠に斜線が入りました。
「OK」ボタン押下です。

 

斜めの線、入りました!

 

「X」の形にクロスさせて入れたければ、斜線のボタンを両方クリックします。

 

プレビュー枠内には、斜めの線がクロスして入りました。
「OK」ボタン押下です。

 

セルにクロスした線「×」が入りました。

2本以上、斜めの線を入れる場合

「<」の記号を少し傾けたような感じで2本入れたい。

 

それなら、図形の線を使います。

 

「挿入」タブの「図形」から、線をクリックします。

 

まずは斜線を入れたい場所に1本目を引きます。

 

同様にして2本目の線を入れます。
既に挿入した線をコピペして、向きを変えて使っても構いません。

斜めの線を消すには

既に入っている斜線を消します。

セルの書式設定から消す場合

セルの書式設定から斜線を入れていれば、「罫線」タブのプレビュー枠に斜線が表示されています。
消したい方向の斜線ボタンをクリック。

 

プレビュー枠内から斜線が消えました。
「OK」ボタン押下です。

 

セルから斜線が消えました。

図形の斜線を消す場合

斜線が図形を挿入したものであれば、選択してDeleteキーを押すだけです。

 

しかし、斜線と長方形をグループ化してあることもあるかもしれません。
その場合はグループ化を解除する必要があります。

 

図形を右クリックして、「グループ化」→「グループ解除」とクリックしていきます。
グループ化さえ取ってしまえば、斜線単体で削除できますね。

スポンサーリンク

まとめ:エクセルの斜線の入れ方と消し方

セルの書式設定から行う方法と、図形の線を挿入する方法を紹介しました。

 

斜線を消すのもセルの書式設定だったり、図形を選択してDeleteキーを押したりするだけです。

 

これさえ分かれば、斜線はもう大丈夫ですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。