この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

Excelで使いまくる関数の1つCOUNTIF、
前回は、以上、以下や範囲を指定する方法の記事でした。

 

今回はメチャメチャ便利な、含む/含まないなどのあいまい検索についてです。

 

スポンサーリンク

含む、含まないを指定する

今回は10月10日分の気象庁の全国観測値ランキングデータを使って説明したいと思います。

Excel関数COUNTIFであいまい検索、含む/含まない

出典:気象庁ホームページ

http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/rank_daily/data06.html

 

数式を使う場合、条件をダブルクォーテーション「”」で囲みます。

 

具体的にはこんな感じ。

  • 含む  :=COUNTIF(D13:D23,”*村*”)
  • 含まない:=COUNTIF(D13:D23,”<>*村*”)

 

あいまい検索する場合は、アスタリスク「*」で文字列を囲みます。

 

一致しない場合は、条件の最初に「<>」を付けます。

 

前方一致、後方一致検索する

あいまい検索にも、前方一致や後方一致があります。

Excel関数COUNTIFであいまい検索、含む/含まない

出典:気象庁ホームページ
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/rank_daily/data06.html

 

前方一致や後方一致の場合、検索対象の文字列の最初または最後だけに「*」を付けます。

 

一致しない場合は、あいまい検索と同じように、条件の最初に「<>」を付けます。

  • 前方一致含む   :=COUNTIF(D39:D49,”枝幸郡*”)
  • 前方一致含まない :=COUNTIF(D39:D49,”<>枝幸郡*”)
  • 後方一致含む   :=COUNTIF(C39:C49,”*上川地方”)
  • 後方一致含まない :=COUNTIF(C39:C49,”<>*上川地方”)

 

セルの文字列を検索条件に指定する

あるセルの文字列を検索条件に含めるには、次のように書きます。

Excel関数COUNTIFであいまい検索、含む/含まない

出典:気象庁ホームページ
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/rank_daily/data06.html

 

セルE3の文字列を含むセルをカウントするなら、「&」で繋げ、「”*”」で囲みます。

  • キーワード :村(E3セル)
  • 含む    :=COUNTIF(D14:D24,”*”&E3&”*”)
  • 含まない  :=COUNTIF(D14:D24,”<>*”&E3&”*”)

 

Excel関数COUNTIFであいまい検索、含む/含まない

出典:気象庁ホームページ
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/mdrr/rank_daily/data06.html

 

セルE30の文字列で前方一致するなら、「&」で繋げ、後ろに「”*”」を付けます。

 

セルE31の文字列で後方一致するなら、前に「”*”」を付け「&」で繋げます。

 

  • キーワード1     :枝幸郡(セルE30)
  • キーワード2    :上川地方(セルE31)
  • 前方一致含む  :=COUNTIF(D42:D52,E30&”*”)
  • 後方一致含まない: =COUNTIF(C42:C52,”<>*”&E31)

 

まとめ:COUNTIF関数で含む/含まない、前方一致/後方一致検索する方法

ExcelのCOUNTIF関数で、含む/含まないなどのあいまい検索をする方法でした。
あいまい検索、めちゃ便利ですよね。

 

検索条件をダブルクォーテーション「”」で囲んで、
あいまいにするところをアスタリスク「*」で囲みます。

 

含まないとか、一致しないなら条件の最初に「<>」を付けます。

 

簡単に出来るんで、ぜひ使ってみてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

複数の列を条件にカウントしたい場合は、こちらの記事をどうぞ

【Excel】複数の列を条件にカウントする、COUNTIFS関数の使い方