この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

今回はExcel初めて、という方向けの記事です。

 

「Excelで足し算とか引き算とか、どうやって数式を書いたらいいのか分からない」と彼女に言われました。

 

ITの苦手な女の子ですが、これから仕事で使う機会もあるはずです。

 

掛け算と割り算は、記号が「×」や「÷」じゃないので、最初は戸惑うかもしれません。
代わりにExcel用の記号1文字で表現します。

 

とてもシンプルで簡単なので、すぐ覚えられると思います。

スポンサーリンク

エクセルの足し算、引き算、掛け算、割り算

B列に1~10まで数字を入れました。

 

B2のセルと、B3のセルの数字を足してみたり、B4のセルとB5のセルの数字を掛けてみたりしてやり方を説明します。

足し算のやり方

B2とB3の値を足してみたいと思います。

 

  • 記号:「+」
  • 数式:=B2+B3
  • 中身は1+2なので、答えは3

 

Excel足し算

 

1+2なので3になります。
足し算は数式の書き方そのまんまですね。

 

引き算のやり方

続いて引き算です。
B4の値からB3の値を引きます。

 

  • 記号:「-」
  • 数式:=B4-B3
  • 中身は、3-2なので答えは1

 

Excel引き算

 

B4には「3」、B3には「2」が入っているので、3引く2ですね。

 

3-2=1となりました。

Excel引き算答え

掛け算のやり方

3つ目は掛け算です。
足し算や引き算と違うのは、記号が「×」じゃなくて、アスタリスク「*」を使うところです。

 

  • 記号:「*」
  • 数式:=B5*B4
  • 4×3なので答えは12

 

Excel掛け算

 

4×3で12になりました。

 

表現は少し違うけど、やっていることは小学生の時習った算数と同じです。

Excel掛け算答え

割り算のやり方

最後は割り算です。
割り算も、「÷」じゃなくて、「/」で表現するんです。

 

分数も、分母と分子の間の線を「/」で書くことありますよね。
同じような感じです。

 

  • 記号:「/」
  • 数式:=B6/B5
  • 5÷4なので答えは1.25

Excel割り算

 

5÷4なので、1.25になりました。

Excel割り算の答え

割り算は分母0に注意する

小学校で割り算を習ったとき、
先生「0では割れませ~ん」
と言われたのを覚えている方もいらっしゃると思います。

 

Excelでやろうとするとどうなるか・・・。

 

エラーになってしまうんです。
「#DIV/0!」と表示されました。

Excel割り算、0で割るとエラー

 

対策としては、IF関数を使って分母が0の場合の処理を書きます。

 

例えば、こんな感じです。

=IF(B12=0,0,B11/B12)

 

この通り、エラーになりません!!

Excel割り算、0で割るとエラー

 

使い方は、丸かっこの中をカンマ「,」で区切って書きます。

=IF(条件, 条件に当てはまる場合, 当てはまらない場合)

 

日本語で書くと、

B12が0だったら0にする、
0じゃなければB11の数字をB12の数字で割る
という意味です。

 

IF関数の使い方はザックリこんな感じです。
また今度詳しく書きたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ:エクセルの足し算、引き算、掛け算、割り算

エクセルで足し算、引き算、掛け算、割り算をするやり方でした。

 

  • 足し算:プラス「+」
  • 引き算:マイナス「-」
  • 掛け算:アスタリスク「*」
  • 割り算:スラッシュ「/」
  • 割り算は、分母0に注意する

 

単純すぎてつまらないかもしれませんが、活用する場は無限にあります。

 

毎回電卓を使うよりも遥かに効率的。
そんな活用方法も書いていきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。