この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

1つだけなら迷わなくて済むのに。
64GBと256GB、どっちにするか考え込んでしまいますよね。

 

使い方によって変わってくるので、それぞれ解説していきます。
あと、私が1ヵ月使ったあとの空き容量も公開します!

Oculus Quest 2の64GBと256GBの選び方

2021年1月2日、お値段はそれぞれ、税込みで次のようになっています。

  •   64GB:37,180円
  • 256GB:49,280円

この12,100円の差額が、どっちにするか悩ませてくるんですよね。

PCとつないで使うなら64GBでもOK、動画をダウンロードしたいなら256GB必須

PCなしで使うなら

VR動画って意外と重いんです。
標準画質の軽いモノでも500MBほど。
高画質になると数GBにもなります。

 

ストリーミング配信で視聴するだけなら心配ありませんが、ダウンロードしてOculus Quest2内に保存するとなると、容量ひっ迫の日は遠くないでしょう。

 

また、アプリの重さもピンキリです。
重いものは3GBを超えてきます。


例えば2GBのアプリを32個入れたら64GBに到達ですが、32個の中にはほとんど使わないモノもたくさんあるかもしれません。
不要なアプリを消して整理できる人なら、64GBでもおそらく使いこなせると思います。

 

それに、2GBもあるアプリはあまり多くないので、動画さえ落とさなければ何とかなるでしょう。
動画さえ落とさなければ。。。

PCとつないで使う

Oculus Quest2のアプリの中には、PC版のOculus RiftやSteamVRに同じものがあるということもワリとあります。
私のハマっているBeatSaberの場合、3つすべて出ています。

 

Virtual Desktopで繋いでしまえば、使用感はほとんど変わりません。
PC版のアプリは当然PC側に保存されるため、Oculus Quest2側の容量節約になります。

 

どちらを選ぶかは、使い方次第ですね。

256GBを買って1ヵ月使用後の空き容量は?

256GB版を買っているんだったら、容量にはかなり余裕あるんじゃないの?と思うかもしれません。
そう思っていた頃が私にもありました。

 

やっぱりVRの魅力ってスゴイんですよね!
気づいたら動画をダウンロードしすぎたせいか、空き容量が100GBを切っています。

そもそも256GB版なのに「231.44GBのうち」って、この差は何なの!!ってなりますよね。
システム占有容量は11GB程度のようですが、他の部分はどこへ行ってしまったのか。

 

私の場合64GBでは全く足りなかったので、大きい方にして正解でした。

スポンサーリンク

まとめ:Oculus Quest 2の64GBと256GBの選び方

QAサイトにも書いてあったりしますが、

  • 動画を本体に保存しまくるなら256GB
  • PCとつないで使うのがメインなら64GB(それなりのPCスペックが必要)

というわけで、どちらを選ぶかは使い方次第です。
PCのスペックに不安があれば、256GBにしておいた方が無難かと思います。

 

レビュー記事もよかったらどうぞ。

【VR】レビュー、OculusQuest2を買ったら人生変わった気がする

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。