この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

 

Windowsのデスクトップ画面右下に、いつの間にか表示されるようになったChromeの通知。

 

頻繁に表示されたら邪魔で仕方ないですよね。

 

私も先日、この通知に悩まされました。
きっと、どこかのサイトで「このサイトからの通知を受け取る」のようなボタンを押してしまったはずです。

 

意図して受け取ることにしたとしても、邪魔になればやっぱり解除したいもの。
やり方はとても簡単なので、サクッと設定してしまってくださいね。

スポンサーリンク

いつの間にかChromeの通知が表示されるようになっていた

このブログにたどり着いた方は、次のようChromeの通知が表示されて困っているかと思います。

 

私も先日から表示されるようになっていました。

 

「閉じる」のボタンはあるのですが、押してもしばらくすると他の通知が出てくるんですよね。
これは少々わずらわしいです。

 

「システムはハッキング攻撃を受けています」とか、こんなに怪しすぎる広告も、パソコン初心者だった頃なら引っ掛かっていたかもしれません。

 

とにかく邪魔なので、今後出ないようにしたいと強く思いました。
Chromeの「en.saveform.net」からの通知を止めるやり方を例に紹介します。

サイト毎にChromeの通知を止めるやり方

通知の「閉じる」ボタンの真上に「Google Chrome」の文字列が見えると思います。

 

つまりChromeブラウザの設定を変更すれば表示されなくなるわけです。

Google Chromeの設定画面を開く

設定画面を開くには、Chrome画面の右上「×」ボタンの真下の「・・・」を縦方向にしたようなボタンを押して、「設定」をクリックします。

 

もう1つの表示方法は、ChromeでURLを「chrome://settings/」と入力して実行でも開けます。

サイトの設定-通知 の設定を変更する

設定画面を開いて下へスクロールすると、「詳細設定」ボタンがあります。
クリックして、詳細設定を開きます。

 

詳細設定にはたくさんメニューがあり、ぱっと見ただけでは見つけづらいかもしれません。

 

通知の設定は「プライバシーとセキュリティ」の中です。

 

「プライバシーとセキュリティ」の中の下のほう、「サイトの設定」をクリックします。

 

「サイトの設定」の中、やっと「通知」までたどり着きました。

 

通知を消したい、「en.saveform.net」も含まれいます。
「・・・」のところをクリックしてメニューを開きます。

 

「ブロック」、「編集」、「削除」の選択肢が出てきます。

注意点:削除ではなくブロックで対処する

「ブロック」を選択します。

 

選択肢に「削除」もありますが、削除してもそのサイトの設定が無くなるだけです。

 

通知が表示されるようになったなら、以前どこかのサイトを訪問したときに、「通知を受け取る」のようなボタンを押してしまったはずです。
何かのきっかけで、再びそのサイトに訪問して、同じように「通知を受け取る」を押してしまうかもしれません。

 

再度設定されてしまうことを防ぐためにも「ブロック」です。

 

「ブロック」を選択したことで、ブロックのカテゴリ配下に移動しました。

 

ブロックを設定後、通知が表示されなくなり快適です。
気分がとてもスッキリとしました。

スポンサーリンク

まとめ:右下に表示されるGoogle Chromeの通知を止める方法

Windowsの画面右下に、いつの間にか表示されるようになってしまった「通知」。
「閉じる」ボタンを押しても押しても蘇ってくる、人によっては忌々しい存在です。

 

今回紹介した方法で、Chromeの設定からすぐブロックできます。

 

ブロックしてしまえば「通知」が来なくなり、ストレスも減ると思います。
ぜひ試してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。