この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

 

無線LANの使えないPCでも、ポケットWi-Fiとつなぎたい。
デスクトップPCとW06をつなぎたい。

 

そんな時はUSB接続です。

 

初回は若干手順が多いですが、画像の解説も入れました。
用意するものはUSB Type C ケーブルだけ。

 

すぐにインターネットにつながります。

スポンサーリンク

パソコンとWiMAX2+ W06をUSB接続でインターネットにつなぐ手順

初めてUSB接続するときだけ、手順が少し多くなります。

初めてUSB接続するとき

パソコン毎に、初めてW06とUSB接続するとき次の手順で行います。

  1. USB Type C ケーブルで、W06とPCをつなぐ
  2. エクスプローラーの「CDドライブ Speed Wi-Fi Next」を表示する
  3. AutoRun.exeを実行する
  4. ユーザーアカウント制御「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」→「はい」
  5. インターネット接続完了

 

USB Type C ケーブルで、W06とPCをつなぐ

USB Type C ケーブル(Amazon)は次のようなものです。
Amazonのリンクを貼りました。

両面裏返しても同じように使えるヤツです。

 

W06を買ったとき、USB Type Cに変換するコネクタが付いてきました。
もしもTypeCのUSBケーブルがなくてもコネクタを活用すれば使えるタイプもあるので、手持ちのケーブルを確認してみてくださいね。

エクスプローラーの「CDドライブ Speed Wi-Fi Next」を表示する

Windowsキー+Eなどでエクスプローラーを開くと、「CDドライブ Speed Wi-Fi Next」というのが左側に出てきます。

AutoRun.exeを実行する

「CDドライブ Speed Wi-Fi Next」の中に、ファイルがいろいろ入っています。

 

この中から、AutoRun.exeを実行します。

 

もしも拡張子の「.exe」が表示されていなければ、間違って他のファイルを実行してしまうかもしれません。

 

その場合はエクスプローラーの設定を変更します。
表示→「オプション」→「フォルダーオプション」の「表示」タブ→「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外す

 

これで拡張子を見れるようになります。

ユーザーアカウント制御

セキュリティ上、次の質問のウインドウが出ることがあります。

 

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」→「はい」をクリックです。

「はい」を押すとインストールが開始されます。
ユーザーアカウント制御のウインドウが出てこなければ、そのままインストールが行われます。

 

インストールが完了すると、インターネットにつながります。

 

最初の設定、お疲れさまでした!

同じパソコンでの2回目以降

2回目以降のUSB接続は非常にシンプルです。

  1. USB Type C ケーブルで、W06とPCをつなぐ
  2. インターネット接続完了

 

ただ繋ぐだけ。

 

まるでLANケーブルで繋ぐかのように、サクッとインターネットを始められます。

回線速度はWi-Fi接続と同じくらい、安定感はある

さて、気になる回線速度を確認しましょう。

 

平日20時ごろ、自宅のマンションの窓際で実行しました。
41Mbpsです。

 

W06のWi-Fi接続時は、30~40Mbpsほどだったので、ほぼ同じくらいです。

 

ただ、カフェなどWi-Fiや電波を多く使っている場所では、少し違うかもしれません。
基地局とモバイルWi-Fi間は変わりませんが、パソコンとモバイルWi-Fi間の通信は、無線LANではなく直接つないでいるため、周りの電波の影響を受けません。

 

USBで繋いでいるので、ネットしている間にW06が電池切れしたなんてこともなくなります。

通信料カウンターや設定情報が細かく見れる

AutoRun.exeをインストールすると、デスクトップにアイコンができます。

 

デスクトップにできたショートカットを実行すると、ブラウザでW06の画面が表示されます。

 

W06上で見るときは、本日までの3日間しか見れなかったのに、ブラウザでは前日までの3日間も確認できます。

 

3日で10ギガ制限にかかっているのかどうかも、これですぐ分かりますね。

スポンサーリンク

まとめ:パソコンとWiMAX2+ W06をUSB接続する方法

無線LANの使えないパソコンでも、W06でインターネットにつながります。

 

準備するものはUSB Type C ケーブルだけ。

 

初回はエクスプローラーの「CDドライブ Speed Wi-Fi Next」から、AutoRun.exeの実行が必要です。
2回目からは、USB Type C ケーブルで繋ぐだけです。

 

便利だし、通信も安定していて、Wi-Fiの同時接続数にカウントされないので、パソコンとつなぐならUSB接続おススメです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。