この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 

そもそもWhois情報って何なんだって思う方もいると思います。

Google先生に聞いてみるとこんな答えが返ってきます。

Whoisとは、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。このサービスは、主に以下の目的でレジストリやレジストラが提供しています。

引用元:株式会社日本レジストリサービス(JPRS)

 

名義なんで、登録した人の名前もそうですが、住所や電話番号、メールアドレスなどの情報です。個人で取得すれば自分の名前や住所だし、会社名義で取れば会社名や会社の連絡先が公開されます。そのドメイン関連で何かあったときに、所有者にコンタクトできるようにするわけです。

 

これが個人の名義だと困ると感じる方もいると思いますし、代理公開に変更するとき無料の会社もあれば毎年お金がかかる会社もあるので、注意点として書いておきます。

 

個人で取得するドメインだと、Whois情報をデフォルトにしておくのはヤバい

Whois情報が公開されれば、自分の住所、氏名、電話番号が全世界に公開されてしまうことになります。これはヤバいですよね。

 

男性でも自分の個人情報を世界中にさらすのは怖いと思いますし、女性ならもっと怖いと感じると思います。独自ドメインで公開している自分のブログやサイトを見た人達が、勝手に電話してきたり自宅に来ちゃったらと思うと、独自ドメインでサイトを作る気になれないと思います。

 

でも、そんな個人情報を簡単に守る方法があるわけです。ドメインを取ったところの会社の情報で、Whois情報を代理公開してくれるサービスです。商標権とか気を付けていれば、よほどのことがない限り代理公開を解除されるようなことはないです。

 

Whois情報を無料で代理公開出来るところが多いですが、一部の会社は有料だったりするので注意が必要です。

 

無料でWhois情報を代理名義に変更できるところ

会社名登録時後から変更
VALUE_DOMAIN無料無料
ムームードメイン無料無料
お名前.com無料有料(年間980円(税抜き))

 

大手の3社をピックアップしました。どこの会社も新規登録なら無料で代理公開できます。

 

お名前.comのみ、ドメイン登録後にWhois情報を代理公開に変更すると、毎年1000円くらい余計にかかってしまいます。ドメイン代が約2倍です。登録時に注意深くWhois情報の代理公開のチェックボックスにチェックを入れるよう気を付けていないと、後で無料では変更できないのでホントにホントに要注意です。

 

ウッカリ代理公開のチェックを入れ忘れた場合は、他社にドメイン移管する方法もあります。

 

そんなメリットの無いリスクをとらなくても、無料で変更できる会社もあります。私はバリュードメインを使っていますが、選んだ理由はWhois代理公開に変更するのが無料だとか、そういうところですね。数年前にGMO傘下になってしまったときは本気で焦ったものですが、今も安全に使えています。

 

代理名義に変更する方法

バリュードメイン(VALUE_DOMAIN)での変更方法

公式ページのヘルプを見れば分かるような気もしますが一応載せます。

 

「ドメイン」→「ドメインの設定操作」とクリックしていきます。

 

Whois情報を代理公開したいドメインの行のWHOISのところをクリックします。

 

既に代理公開できていれば、「WHOIS代行は有効です」と表示されます。

もしまだなら・・・、一番下にスクロールしていきます。

 

名義(WHOIS)の代理公開のところの「ここをクリック」をクリックします。

表示されている名義がバリュードメインのものになっているのを確認して「変更」ボタンをクリックします。

 

当たり前ですが、無料で出来ます。

簡単ですね。バリュードメインは操作が簡単になったと思います。

 

 他社も随時載せていきます

大手のところのやり方は、今後追加しておこうと考えています。

 

Whois情報を代理公開して個人情報を守りたい方の参考になれば幸いです。